忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/05/25 11:58 】 |
これは得かも!ネット探訪 【有限会社AbilityWave】
【有限会社AbilityWave】

ほとんどの企業がWebサイトを持つ現代、今やITなしでビジネスは語れない時代です。さて一口にITといって、「ポータルサイト」や、ネットショップに代表される「ECサイト」、一般企業の「IT推進部」もあれば、デザインを制作している「制作会社」など業態もさまざま。これからIT業界で働きたいという方には、どんな業種・業態がトレンドなのか、またどの仕事が自分にあっているのか、情報をしっかり見極めていく必要があります。IT業界は専門職限定、と思っていませんか?いいえ、今やあらゆるジャンルでチャンスが広がっているのです。最近のIT業界は、ある情報に特化した専門性の高いサイトを運営する企業が伸びているように思います。たとえば、高級ホテル・高級レストランのみの予約情報を提供するサイト、ネット通販だけを扱うECサイト、ブログ事業を全面に押し出し多数のユーザーを獲得したサイト、などの運営会社がこれにあたります。その一方で、こうした会社が求める人材は総合的なスキルを持つ人。たとえばECサイト運営で制作スキルに優れていても、サイトを作る力と「売れるサイト」を作る力とは、全く別のものです。即戦力として重用視されるのは、やはりSEOや、サイトの導線等の設計など総合的に考慮できる人材ということになります。また、ECという切り口で考えてみても、ポータルサイトでの告知、露出は重要ですし、もちろん販売サイトの力やデザイン力も必要です。それぞれが補完し合いながらシナジー(相乗作用)を生み出せるか、それがこれからの企業には重要になってくるのです。 こういった業種に転職する際、要求されるスキルは会社や業務内容によって当然変わってきます。もちろん、エンジニア等専門職の場合はいうまでもなく技術に精通している必要がありますが、総合職の場合は、むしろマネジメント能力やクリエイティブな発想を重視されているようです。たとえば、あらゆるサイトで今もっとも重要なのは、コンテンツ力と情報の信用性です。情報ソースについては人海戦術でいくらでも集めることは可能ですが、重要なのはその後、つまり編集作業です。編集作業は非常にクリエイティブな作業となる上、全体を俯瞰する力が必要となります。相互の部署との連携も重要になりますので、トータル的なマネジメントスキルが要求されるのです。
PR
【2010/08/13 07:02 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
| ホーム | これは得かも!ネット探訪 【有限会社AbilityWave】 >>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

| ホーム | 次ページ>>